DONのヨット暮らし

Mais ou sont les neiges d'antan?

南紀白浜綱不知の穏やかな朝

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2013.9.13(金)
南紀白浜綱不知の穏やかな朝。
久しぶりに朝食準備中。
綱不知とは「つなしらず」と読みます。
あまりにも静かで静穏な海なので、船を繋ぐ綱さえ不要。
綱なんて知らないという素晴らしい入江です。

晴天。船内暑い。
私は航海データを細かく作成する。
今日はこの航海データ作成を10時ごろからブッ通しでやる。
船内温度35度。体に良く無いですね。
4時ごろようやくやりたい所までこぎ着ける。

昼を済まして食器を洗っている時に、声がかかる。
綱不知のぬし、三川さん登場。
私はいろいろこの三川さんに御世話になっている。
子鳴門を知ったのも三川さんに教えてもらったからだ。
これで瀬戸内海航路を短縮できたので、結果として本州を一周してしまった。
4年ぶりだがお元気そう。
2月にスタートし奄美まで行き、船は今、奄美に置いてあるそうだ。
ポンツーンの反対側に大きなカタマランが係留されている。
その世話もしているそうだ。
明日はこのカタマランで出掛けるのでその準備にやってきたそうだ。

夕方、三川さんとヨット四方山話。
今この綱不知桟橋には世界からヨットマンがやって来るそうだ。
外国の艇がいっぱい来る様になったそうだ。
それとたまたまOLIVEの河村さんの艇が今空いている三川さんのバースに係留されているそうだ。
えー、川村に会いたいなー。
今日くるはずだったが、なにかの都合で延期になったしまったそうだ。ちょ
この近辺を航海していれば又、お会いできるだろう。
三川さんは家にもどり、私は食材仕入れに出かける。

食材買い出し。白浜のそばに大型スーパー、グルメシティがある。
チョット買ったら6000円以上になってしまった。
食い過ぎなのかなー。
驚いたのは家で何時も買っている豆腐があった。
愛知県、おとうふ工房、至高のもめん。これを何時も買っている。
早速購入。
艇に戻り、明日の食事作り。
すっかり暗くなり、8時過ぎに温泉銭湯に向かう。
ポンツーンから10秒、つまりとなりに綱の湯があるのだが、
白浜の銭湯が好きなので暗い中、歩いて入りに行く。

気持ちの良い温泉につかり、艇に戻ったのは9過ぎとなってしまった。
結構忙しい一日であった。

写真:
・綱不知の5時54分の朝日。山陰か左下が切った様に直線で隠れている。
・きれいに塗り直された、綱不知桟橋のアーチ
 桟橋使用料は2000円。電気、水道が来てます。
・桟橋のとなりにある綱の湯