DONのヨット暮らし

Mais ou sont les neiges d'antan?

Kirkさんから2022年のカレンダー着

f:id:donsaigoublo:20220106164206j:plain

カレンダーの1月は加計呂麻島

f:id:donsaigoublo:20220106165446j:plain

美しい島です。私も行きました。

加計呂麻島、生間と度連に上陸 - DONのヨット暮らし

f:id:donsaigoublo:20220106161448p:plain

カークさんはカナダからシングルで日本にやってきた。

瀬戸内海の屋代島を基地にして日本でのクルージングを楽しむ。屋代島は周防大島とも呼ばれ、古事記の国生み神話で大島と記載されてる。私の知っているのは、そこに住んで、地元の女性と結婚されたことだ。

今は福岡でKONPIRA CONSULTINGを起こし、日本の海の素晴らしさを海外に紹介している。

昨年2021年は海外クルーザーの受け入れやコロナ禍で母校に帰れない海外艇のお世話など、諸々の事業を行って来たとのこと。

Kirkさんは日本語が話せるのは勿論、日本語の文章も読めます。すばらしい。

私とは長距離航海懇話会での講師のお願いや、八戸と言えばヨットマン全てがお世話になる、盛さんご夫妻からともに地元料理をご馳走になりながらヨット四方山話に楽しい時間をすごした、などのお付き合いがある。

KONPIRA CONSULTING住所のを見ると福岡なので今はそちらに住んでいるようだ。

東京の今日は最高気温が3度。雪が降ってます。積雪5cmの予報。

もっと積りそう。

f:id:donsaigoublo:20220106165255j:plain

 

令和4年2022元旦

2022.1.1(元旦土曜)

番外編

今年の正月の酒は〆張鶴大吟醸銀。

昨年は大吟醸の金を始めて購入し、飲んだが銀の報が美味い様に思い銀にする。

4合瓶。何十年も正月の酒は一升瓶を買って来た。

生ビールも私は大ジョッキしか飲まない。

しかしながら、昨年から大吟醸、4合瓶とした。

一升瓶にしても子供もあまり飲まず、私が無暗と飲みすぎる結果となり反省したわけだ。f:id:donsaigoublo:20220101110106j:plain

正月らしく自筆本などを眺めている。

夏目漱石が明22年、第一高等学校3年生、22歳の漢文の文章だ。

中国の留学生も激賞し、私の愛読する碩学吉川幸次郎が「明治に書かれた漢文として

最も優れたもののひとつ」と言っている(全集本1巻74ページ、続人間詩話、夏目漱石

私は勿論、白文など読めません。

私が中学時代から没頭し、全集を隅から隅まで読み切っていた漱石に浸ってみたいと思

った。

f:id:donsaigoublo:20220101111529j:plain

上部の赤字は若き日の正岡子規です。漱石と同じ23歳ごろ。

f:id:donsaigoublo:20220101111708j:plain

 

2021年の航海

2021.12.8(水)

2021年の航海。

昨年に続き、コロナ禍で変則的航海日程となった。

東京でのコロナの感染者増大で緊急事態宣言となり、

春の那智への移動どころか、9月17日になってようやくフィッシャリーナ那智へ移動。

9月中は三重県ではロープが張ってあって外来者は港に入れなかった。

和歌山県でもその様であったと思われる。

外来者が港を訪問しても嫌がられ無いよう、10月10日に航海をスタート。

昨年より10日遅いスタートで海況が大きく違うことを体験。

昨年は海苔網設置始めであったが、今年は各港で海苔網設置が完了。

膨大な網が張り巡らされた海を細心の注意を払って航海することとなった。

航海後、海苔網時期でも安全に航海できる様、設定航路の修正を行った。

昨年は倉敷市味野港マリーナW1での上架後、明石海峡から大阪湾に入った。

今年は帰路、来た時と同じコースを取って、

海苔網対応の計画コースが正しいか確認を行った。

フィッシャリーナ那智に戻ったのは11月14日、39日の航海であった。

2021航海データ

那智→串本→綱不知→阿尾→マリーナシティ→撫養→引田港→王子前漁港

→宇野桟橋→UW1

Google Map フィッシャリーナ那智→味野港 マリーナUW1

UW1→宇野桟橋→王子前漁港→引田港

→撫養→マリーナシティ→阿尾→綱不知→串本→那智

Google Map 味野港 マリーナUW1→フィッシャリーナ那智

2021年に那智に来たのは9月17日、東京に戻ったのは11月29日。

73日、2か月と13日の海上生活であった。

 

参考までに昨年。

東京でコロナ緊急事態宣言が解除され、

7月3日に那智へ。

しかし急速に再度コロナ禍が始まる。港の外に出られない。

結局、航海をスタート出来たのは、10月1日。

那智に戻ったのは11月10日40日の航海であった。

東京にもどったのは12月2日。

40日の航海なのに150日、5か月間の海上生活であった。

 

全国の泊地情報航路情報に興味ある方は以下を。

Donのヨット泊地情報航路情報

好天。日の出から日没まで、東西南北、雲一つ無し。

2021.11.28(日)

好天。日の出から日没まで、東西南北、雲一つ無し。

f:id:donsaigoublo:20211128164847j:plain

f:id:donsaigoublo:20211128164911j:plain

f:id:donsaigoublo:20211128164928j:plain

f:id:donsaigoublo:20211128164947j:plain

岸壁への係留はダブルに取っている。

予備の前舫いの長さの調整を行う。

また、積んでいるテンダーの日除け防止カバーが劣化して使えなくなった。

応急処理のカバーを作成。

その他、諸々の細かい作業で早朝から日没まで忙しい一日だった。

西の空を見たら、もう日が山の端に沈んでしまって見えない。

那智では16時20分には日が山に隠れてしまうと知る。

応急処置テンダーカバー

f:id:donsaigoublo:20211128164823j:plain

 

昨日夕方、岸壁に移動

2021.11.27(土)

毎日、天気予報とかなりかけ離れた風が吹く。

明日は今日より余計吹く予報なので、

少しでもましな内にと、16時過ぎに岸壁に移動。

時々ブローが吹く。

追手でエンジン無しで風がバースに押して行ってくれる。

ブイと舫いは問題無く拾えた。

艇を前舫い後ろ舫いとも定位置に着け、きのうの作業はこれで終了。

 

日が昇る前の今日の東の空。

f:id:donsaigoublo:20211127162631j:plain

いつもの様に暗い内に陸に移動するのは無理なので、

食事の準備をし、あかるくなってから艇を陸に近づける。

陸にあがり、道の駅まで。

 

昨日頂いた魚はソテーに、うまそうでしょう。

f:id:donsaigoublo:20211127162811j:plain

食い物の話ばかりでもうしわけないがシイタケの話。

スーパーでは菌床栽培を普通売っている。少し高いがたまに原木栽培のものもある。

那智ではA-COOPにたいてい原木栽培の物を売っている。

しかし、菌床栽培か原木栽培かは見映えは同じで記載を見るしか区別できない。

ところが、道の駅那智では、めったに無いが原木とうたっているが、

栽培というより山の木に生えているシイタケの様なのが販売されることがある。

チョット危険も感じたがめずらしく、是非食ってみたくて、購入。

去年も一度販売され、即購入、これで2度目の買い入れとなった。

これがそうです。

f:id:donsaigoublo:20211127163617j:plain

16時34分、日は山の端に沈んでしまったが、

北のそらに沈んでしまった太陽の光をうけて赤く輝く大きな雲。

今日の空に浮かぶ雲はこの様な固まり。

雲に隠れない時は明るくまぶしい日の光なのだが、この様な雲に日が隠れると、

途端に暗く且つ寒くなると言った繰り返しであった、

f:id:donsaigoublo:20211127165219j:plain

 

晴天

2021.11.26(金)

雲一つ無い青空に太陽が昇る。

f:id:donsaigoublo:20211126074447j:plain

強風注意報は解除されたが、静かだったのは早朝だけで、風は一日強い。

時々ブローも吹く。

用事があり8時27分の電車で新宮へ。

ついでにイオンに寄りコインランドリーで洗濯と食材仕入れ。

11時半には那智に戻る。

DENVERさんが、秋田の山中に住んでいる友人に魚を送ってやるのだと船を出す。

私と郡山の旅人にもお土産を釣ってきてくれる。

私の頂きもの。

f:id:donsaigoublo:20211126184319j:plain

一日晴天、ただし一日風が強い。

17時半の那智の西の空

f:id:donsaigoublo:20211126184430j:plain